愛知れば、党の意図を利用して死んだ他の人々の憶測が恣意的に介入しているのです。

その一点をとっても、安楽死は死を選択肢として望む人にとっては適切な手段ではないと思います。

たとえば、このALS患者の安楽死のケースでは、助けた医師は、絶望の危機に瀕している末期の患者を安楽死させる権利を主張しましたが、愛知、その患者から多額のお金がかかりました。彼は報酬を受け取ったようです。
この時点で、それは人生の取引にすぎません。

また、この医者はいつも彼のブログに書いています。

「愛知を開設することはできませんか?」

嘲笑されて以来、すでに医療業としての憶測が飛び交い、医師の立場から、党の死を求める別の人物が恣意的に介入していた。


今回安楽死させたALS患者は、症状が悪化し続ける前に、SNSなどに数年来ています。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM